上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
小説書きてー

時たまやばいくらいハイに、強気になるときがある。だいたい4ヵ月に1度くらい。
でもいろんなものを見る事による、むやみやたらな僕のもつ憧れがそれを曖昧にしてくれる。この思いを冷凍保存してくれんものかねー。
スポンサーサイト
2009.11.26 Thu l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
くそっ!DVDを集めたくなるくらい面白いぜDTB2期!
てかもう半分過ぎちゃったよ、折り返しなのに全然話進んでない気がするー。そもそもなんで1クールなんだよー。

7話はまさかのジュライ回。俺てっきりジュライも早々に死ぬのかと思ってたけど、全然メインキャラだったのね。とてもとても変態性が高くありつつも、しっかりとかっこいいんだからもうあたし胸がきゅんきゅんしちゃう。でもやっぱりその分野になると、一期のノーベンバー11さんには叶わないんですけどね。
2009.11.20 Fri l アニメ・TV・ゲーム等 l COM(0) TB(0) l top ▲
僕と同い年くらいでブログやってるやつなんて腐るほどいるけど、その中でほんとの意味で、凄い人がいた。天才だと思った。僕はあの人と同い年らしい。信じられなかった。
あの人の過去の記事を見た。当然、今の僕よりも過去のあの人は年が下なのだけれど、やっぱり、僕とは人種が違うな、と思った。僕はうんざりして笑うしかなかったので、最後までその記事は見れなかった(←この一文だけがうそ。だいたい僕はブログを熱心に見ないから、ほとんど最後まで見ない)。

ちなみに僕も自分が書いた一年前の記事を見返した。ばかぢゃないかと思った。


中原中也全詩集(角川ソフィア文庫)なるものを買う。文庫の癖に1300円もする。たけえよ。でもページ数も800ページ近くで分厚いのでそれなりにわりに合うのだろう、講談社boxや講談社文芸文庫に比べれば(念のため言っとくけど僕は角川の回し者じゃないよ!)。何にせよ、これで当分詩には困らない。えへん。

しかしながら、僕がこの本をちゃんと読むのかは定かではない。積ん読主義。


ミスターチルドレンが僕の中で再燃している。近頃の楽曲は昔の曲よりも完成度高い。90年代半ばからのアルバム(「Q」「IT'S A WONDERFUL WORLD」「シフクノオト」辺り)も好きだけど、最近(「SUPERMARKET FANTASY」「HOME」)はなんかバンドってよりミスチル楽団って感じがする。あまり音楽詳しくないけど、音も幅ひろくなってる気がするし、ザ・エンターテイメント。初期ミスチルは青臭すぎて今ではなんか聞けない、だから「深海」が最高傑作というよくある評判に納得できない…のは、僕が当時の時の流れに乗ってないゆとりだからだろうかなあ。
ちなみに一番感心したのが『旅立ちの唄』のサビに入る前の「きーみーのーだーいすきだーったうたー」っていう訳わからんメロディーをさりげなく歌ってるところ。
2009.11.08 Sun l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
KH2FMのリメイクCOMをやっていたら、いきなり序盤の中ボスのクラウドさんにフルボッコにされたので、シコシコとレベル上げに勤しむことになりました。難易度ノーマルなのにもうこんなことになるなんて、もしかして選ぶステージミスったかなとか、そもそも操作性悪いんだよとか、俺のゲームの腕が下手すぎるのとかいろいろ思いながらやっていると、なんかあっけなくクラウドさん倒しちゃったので、しまったと思いました。ちょうしに乗ってレベル上げすぎたか。いくら僕がレベル上げに苦痛を感じなくて、むしろ好きだからといって、COMなんてちゃちゃっと終わらせて早く2をやりたいと思っていたのに、こんなに時間かけなくても良かったかなあ、と思ったら、次のボスのハデスにまたもやフルボッコにされて、あ、俺間違ってなかった、と安堵しました。これでまたレベル上げに励めます。だいたい僕の日常もそんな感じです。

どうでもいいけどハデスの声が好き。ディズニーなんてターザンしか見たことないけど。やっぱ日本語だよなあ。2の英語音声慣れるかなあ。


もしかして僕に一番合った文章って、詩なのかもしれないと思った。そうはいっても僕は詩を読んでこなかったし、今現在読んでもいない。だから詩が読みたい。詩集を買いたい。図書館で借りても、詩だから期限を守って急いで読まないし、だらだら読みたいから買いたい。だけど詩集がどこに売ってるのかわからない。僕のバイト先にある、比較的大きな本屋でも詩のコーナーなんてない。せいぜい谷川俊太郎とか寺山修司とかが、小説の文庫の中に埋もれてるだけだ。堀口大學の訳詩集もあったけども、僕が読みたいのは日本の詩だ。そういやずっと前堀口訳のランボー読んでもピンとこなかった。同時期に読んだ吉本隆明はピンときた。やっぱり日本のがいいのだよ、日本のが。
で、詩集ってどこに売っているの。
2009.11.01 Sun l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。