上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
DSを買う。
いきなり万を超える買い物をするには勇気がいるので、ご丁寧に事前に焼き肉までかって弾みをつけた。
中古ディスガイアと新品DSとポイントカード合わせてちょうど2万円なり。年末年始はこれで乗り切るぜ!
スポンサーサイト
2009.12.28 Mon l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
いや……マジに終わったぜDTB……以下ネタバレ



なんなんだよあのオチはああああ!がっくりきた……。
完結したからはっきりいうけど、正直イマイチ。たしかに面白いとこはあるにはあるけど、肝心なストーリーがホントモヤモヤしすぎ。謎が多いとか関係なく。2クールあった一期と比べることもしない、それでも普通に面白くない。その原因って前から薄々感じてて、敢えて口に出してこなかったけど、周囲のキャラの魅力の薄さに尽きる!もう最終回でそれがはっきり出過ぎ。消化不良。

確かにジュライくん黒さん蘇芳ちゃんのやりとりはよかったよ。最終回で見せたジュライの選択なんてベタだけど感動もんだよ。蘇芳の回想シーンだって良かったよ。
けど物語とキャラの心情の核心を握る紫苑&銀がポッと出のキャラすぎて、どうにも理不尽なんだよなあ。一期と比べることしないと前に書いときながらも比べちゃうけど、せめて一期の黒におけるアンバーくらい絡んで欲しかった。そうすりゃ最終回の蘇芳と紫苑の会話シーンとか銀と蘇芳のやり取りとかよかったと思うのに。現に描写の濃かった黒&蘇芳&ジュライ三人衆の話はホントよかった。(ジュライ最期あっけなかったけど…。しかしパラレル地球の水族館ですれ違ったジュライには思わず身悶えた。それと最期があっけなかったといえば紫苑もだなあ、強キャラ的な描写されてた割には)

あと敵キャラの扱いが酷すぎる。三号機関の契約者なんてまともな描写すらさせてもらってなく終わって、ゴルゴと未咲の〆ってなんじゃそりゃ。まあそこらは黒の能力が失ったせいで、戦闘を通じての主役三人衆と絡めた描写がしにくかったのもあるだろうけど、なんだかなあ。CIAとかも雑魚キャラ以下の扱いで消えたし。
オレイユの立ち位置も不明のまんま。情報屋って明らか裏ありそうだったのに。

まあでもなんだかんだ言って見てる最中は面白かったです、DTB。放送前の蘇芳のバックに黒の目線イラスト見て、「ええー新キャラを主役に据えるのかよー銀ちゃんはー?」とか思ってたのは遠い過去。充分蘇芳もかわいかったよ。
よくいらないと言われてるノリオ編だって、黒と蘇芳の険悪なムードからの信頼関係に至る描写としてはなかなかよかったとは思うし。VSターニャ編も、まあそこそこ。おかしくなったのは蘇芳過去がなんだかんだ言い始めたあたりからかなあ。
でもラストの蘇芳がコピー地球に運ばれて見続ける夢?も切ないながらも幸せっちゃあ幸せで、そのなんとも言えなさは良い。

あの結末、三期匂わすような終わり方だったけど、実際ないだろうなあ。万が一あったとしてももう黒は出せないんじゃないの。妹、アンバー関連はみたいけど今更ほじくるのもあれだし、かといってあの世界観の続きやるにせよ黒には謎の究明役は合わないし。今まで個人的な動機(一期は白で二期は銀)でしか動いてなかったんだから。
唯一登場出来そうな未咲は……正直魅力なかったよ。
2009.12.25 Fri l アニメ・TV・ゲーム等 l COM(0) TB(0) l top ▲
野村美月「文学少女と死にたがりの道化」
うーん、俺には合わなかったなあ。何故人気なのか不思議にすら思えるくらい合わなかった。

村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹の短編集。
思えば俺は村上春樹の小説って、初期の奴しか読んでなかった気がする。神の子どもたちは~は2000年と比較的新しい。っていうか俺が生まれた後に書かれた小説と言った方がいいかな。
そういうことを踏まえてみると、当時50過ぎのおっさんが若者を描いてるっておかしな感覚です。しかもその若者がホントにしょうもないヤツ。「ノルウェイの森」のワタナベくんみたいなしょうもなさとはまた違うしょうもなさ。すごい頷けるしょうもなさがある。
俺が生まれる前の作品は、当時の事を知らないし、時代に晒された分作品そのものに対しては客観的でした。例えるなら国語の教科書にある作品のように。「ああ、当時はこういうもんなんだな」って。
ところがまさに今の時代で、しかも現存する作家が生活に密着したような話を描くと、僕も今を生きてる分、「え、50才のおっさんがこんなしょうもないヤツ描くのかよ」とちゃんと思えるのです。いっそフィクション的にちょっとくらい気取った方が自然とすら感じました。おっさんがこんなの書くこと自体がユーモアに思えます。

しかし作品が面白いかってえと、うーんこれもなあって首を傾げる。「アイロンのある風景」なんかはちょっと笑いさえしたくらい。
あれ、これってもしかして俺村上春樹アンチになりかけてるのかな。
2009.12.23 Wed l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲
DTBネタバレ感想

おいおいおいおいこんなんでほんとにいいのかよDTB!
11話にして話はパパの説明でしか進んでねぇじゃんかよ!今回は正直言ってがっかり回だよ!
鎮目の変態&かませっぷりとかオレイユのキワモノっぷりとか今やることかよ!どうせなら黒と蘇芳とジュライ三人衆の絡みの方がもっとみたいんだけど……っていうかマジにあと1話しかないの?なんだかあっけなく終わりそうなんだけど。

いやいやそれでも俺はまだ紫苑と蘇芳のラストに期待しているよ。コピーとか正直ちょっと冷めた展開だけど終わり良ければすべていいから、頼む!ラストだけは!あと黒さん死なないで!

あ、あとホットパンツの蘇芳ちゃんが新鮮でかわいかった……と思ったら、あれ別にタイツを脱いで生足になっただけか。でもかわいい。
2009.12.18 Fri l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
FF13がとてつもないらしいけど、それでも欲しくなってくる……ってまだこの前買ったばかりのKH2comもクリアしてないのに。
それどころか今は姉から借りたレイトン教授もやってます。手をつけすぎだけど、まあ師走ってことでひとつ。
大泉洋の声が本人のキャラとあってない、渋めな演技でめっちゃ違和感。案外上手いけど。
あと堀北真希かわいいよ声もキャラも。絶句してる「あぁ……」ってシーンがたくさんあってそれがかわいい。案外上手い。
相武紗季は……どうでもよし。案外上手かった。

西尾維新が新刊「難民探偵」を出したことを、一面でかでか使った新聞広告で知る。講談社100周年の記念なんちゃららしい。しかしその広告に載せられていた他の作品が、大江健三郎と重松清というとてつもないアンバランス加減。その3つしか載ってないし。
しかし注目すべきはなんと今回の装丁にラノベラノベしたイラストつかってないこと。内容も、主人公が女子大生、ネカフェ難民を題材……ってまさか一般小説の体で売るつもりなのだろうか。『今、若い世代の圧倒的支持を受ける著者が放つ、驚愕のスイリ小説!』の文句って、完全に別の読者層狙ってますよね。「スイリ小説」ってのが、西尾維新特有のうさんくさいミステリー臭をまた……。
……絶対つまらなさそう。
西尾維新はまじ突き抜けたラノベだけ書いてください。中途半端に常識的なことやられても魅力半減だってホント。
2009.12.17 Thu l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
本を読む人が「俺様は一冊だけでなくて、並列して何冊も読むもんねーへっへ」と言ってるのをよく耳にするけど、僕はなんかそういうのには拒否反応がありました。新書とかならともかくとして俺小説しか読まねーし、小説で並列読みしたらストーリー忘れそうとか思ってて。
ところがふとそのように並列的に読んでみたら、案外読めちゃう。おお!これはいい!と思ったのだけど、だいたいの人は普通にやっていることなのかな。とにかく、思えば僕は結構雑な性格なので別にストーリーが吹っ飛んでも頓着しないのです。事実、特に経過が重要なジャンルであるミステリーは面白さがあまりわからん。

そしてそれと同時に、「つまんない本はさっさと切れ!」という、これまたよくある話も分かってきました。何冊も同時に読んでたらつまんないのはどうしても優先順位下がるから、自然に切ったことになってしまうのでした。うーむ。おれは学んだぜ。
2009.12.15 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
賀東招二「COP CRAFT」
この作者、噂によく聞くフルメタの人なのね……というのも、この本は本屋で平積みされてたのをその場でジャケ買いしたから。いやいや下調べ無しにラノベを買うということがどれほど危険かは承知してたものの、だってイラストが村田蓮爾だっただからしょうがねえじゃん!右の男かっこいいじゃん!しかたねえじゃん!
で、まあ結果的に大当たりで良かった良かった。博打うってるから喜びは尚更です。
(余談だけどフルメタって有名で関心はあるものの、巻数多すぎて手を出せないラノベのひとつ)

現代を元にした異世界が舞台。まあ妖精とか魔術とか出てくる訳だけどもそこまでファンタジックでもない。前述した男が主人公のひとり。俺ラノベでオッサンキャラが主人公なのはじめて見たかもしれない。内容もそんな感じでなかなか(B級テイストな)硬派だぜ!

「微笑とまではいかないくらいの、ごくリラックスした表情。その瞬間だけティラナの子供じみた姿が、熟練した戦士のように見えた。自分の出来ることと出来ないことをよくわきまえたプロの兵士や警官は、危険に直面したときにみなああいう顔をする。このときのティラナも同じだった。」P107

こんな感じのノリで始終続いて、ストーリーもなかなか盛り上がった。一応ちゃんと可愛い女の子要素(ティラナ)もあるよ!
あとこの人アクションシーン上手い。アクションモノほとんど読んだことないから新鮮だったな。賀東さんの他の本読んでみたくなったけど、調べてみたらいかんせんこれとフルメタしか書いとらん。どうしようかなあ、買おうかなあ。
2009.12.13 Sun l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲
ネタバレ感想

・本気出した黒さんつえええ!
蘇芳ちゃんが黒に惹かれる意味が分かんねえけどニヤニヤが止まらないよおおお!
なんだかんだ言ってちゃんと名前を呼んであげて頭撫でるとか反則です。(ぶっちゃけニヤニヤの原因は黒さんと蘇芳ちゃんで半々の割合と言ってもいい)
・なにげに動くジュライ君。彼の運命やいかに。それにしてもかわいい。男キャラだけど、多分スタッフにも一番の萌えキャラにされてるんじゃないの
・黒さん拷問すげえっす。そして耀子のカタキを誓う葉月さん。百合相手を亡くして憎むのもいいけど、黒さんの前では死亡フラグにしかなってない。(耀子殺したのはオレイユ?鎮目?黒さんは絶対違うだろうけど)
・人間姿初登場のマオ、足首フェチといい挽き肉といいもう完全にネタキャラじゃないですか。今更だけどさ。
・美咲さん(´・ω・`)
・え?ここにきて新キャラ?最後のはそれとも銀ちゃん?

前にも言ったけどちゃんと風呂敷畳めるんかあああ
2009.12.11 Fri l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
不毛地帯
・和久井映見死亡フラグ立てすぎ
・そもそも和久井、唐沢、小雪の間の葛藤がよくわからん
・唐沢海外赴任は栄転?厄介払い?
・篠井英介ktkr

DTB
・探偵出てきたからと言って完全ギャグ回でなかった。不覚
・黒さん能力失ったのに強すぎマジパネェっす
・すおうちゃああああああん
・てかあと3話で収まるのこの話、一応クライマックスへ走ってるっぽいけど
2009.12.04 Fri l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。