上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
とある超有名な所がやってるミュージカルに、学校行事で行ってきたけど、俺は見事に趣味じゃなかった。普通のことをわざわざ歌ってるのがなんだかなあ、って感じ。友達もタモリも言ってたから、案外趣味合わない人の理由は共通してるのかもね。多分ミュージカルは人生のうちでこれで十分だと思うな。
スポンサーサイト
2010.01.29 Fri l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲
あの高名なあずまんが大王の新装版を書店で見かけたのでつい衝動買いをする。以前公式サイトだかのサンプルを見ていて、面白いことは知っていたけど、改めて読んでみたら、これはやばいなあ。こんなん描かれたらそら萌え4コマブームにもなるなーと思えてくる(他の萌え4コマを読んだことないけど)。何故かよみちゃんが一番気になるキャラでした。

で。
書店で漫画の衝動買いって滅多にできないよなあ。だいたい棚に並んでる巻数が中途半端だったりするし。
まあとりあえず今度はあまりに有名すぎて逆に手をつけてない手塚御大でも読んでみます。

ちなみにタイトルは各新聞の4コマ漫画の私的面白さ順です。
読売のコボちゃんの安定感はすごいけど、さすがに植田まさし一人では朝日のいしいひさいち&しりあがり寿には勝てない(読売は夕刊の4コマがないのです。今は朝日もいしいひさいちが病気で休載してるけど)。
2010.01.28 Thu l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲
武井宏之「機巧童子ウルティモ」2巻が発売されてると聞いて買ってくる。一度読んでからも2、3回読み返して思ったのは、究極の善と悪を決めるための時代を超えた人形の闘い、という皮を被った変態漫画ということ。

・人形が基本少年。明らかに可愛さ重視の描写。
・主人公が持つ人形がデレまくる。
・悪役人形もデレる。
・主人公の友達も可愛い系な少年。
・男な主人公が男好きだと、なにかと他キャラに示唆される(主人公本人はまったくその気なしで普通に好きな女の子がいる点が変態なポイント高しと思ってます)
・おまけ漫画で男子小学生のおもらし。

……まとめて書いてたら普通にヤバい漫画じゃん。ただこれをさりげない描写でやってくるのがね、もうね。
一つ言いたいことを挙げるならば、肝心のメインストーリーの展開が超早いこと。もっとじっくり見たいなあ。
2010.01.14 Thu l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲
浅井ラボ「されど罪人は竜と踊る」1巻(ガガガ文庫版)

熱い!熱すぎるぜ!
一言で言えば、いわゆる「邪気眼」に系するこの小説。初めは国家間の関係や竜が登場する世界観を説明する文章が多かったりしていて、特に科学(化学?)考証溢れる文章には驚いた。

「……赤筋と呼ばれる遅筋繊維のクエン酸回路でグリコーゲン、グルコースに酸素を使用して最適効率で分解し、アデノシン三リン酸を生産。……」

こんな文章が戦闘シーンであたり前に出てくるんだからたまらない。でも、慣れてしまえば後半の戦闘シーンの熱さが素晴らしい。ラスト約100ページに渡る戦闘なんて強敵に次ぐ強敵ですよ。インフレ万歳ってな感じで「こいつどうやって倒すんだよ!」っていうわくわく感はまさに少年漫画的王道です。
あと世界観もなかなか国家とかが関わってきていて壮大っちゃあ壮大なんだろうけど、そこらへんは次巻次第かな。まだ情報が少なくて大まかな話の方向性はわからん。あ、この第一巻自体はちゃんとまとまってるよ。

Wikipediaには「暗黒ラノベ」だかなんだかいって鬱を匂わせてるけど、この巻だけではそんなことはなかったな。やはり続刊読んでみないことには。
2010.01.07 Thu l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲
この休みはずっとディスガイアをやって、昨日クリアした。一週間で48時間とはなかなかのアホ具合だ。ストーリーはあってないようなものの、マルチエンドの中で最初にグッドエンドを見てしまい、もう他のエンディングを見る気がなくなる。どんなストーリーでも、それなりにキャラに愛着が持てたから、不幸系は見たくないのよなあ。ネットでネタバレ見て満足。それでも、期待するのが間違ってるけどなーんか消化不良だなあ、とか思ってたらこれ2006年春にアニメ化されてたらしい。

そこで他の2006年春アニメを調べてみたら、ハルヒ一期、ブラクラ一期、ホリック一期、桜蘭高校ホスト部やらと同時期。
うげえ、時の移ろいになんか感慨にふけるなあ。

ところで不幸系の話で思いだいたけど、どうも俺は理不尽なストーリーに弱いことがわかってきた。弱いといっても、泣けるとかそういうんじゃなくて、純粋にイヤ。正月にやってた救命病棟とか、あと大河ドラマ第一話とか見てると、登場人物たちが受ける理不尽なことに、俺までムカムカしてしまう。まあ作り手としては俺は狙った通りの視聴者で万々歳なんだろうけども、俺の方が耐えられんのよなあ。甘ちゃんだなあ。
2010.01.06 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。