上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
クーラーの無い僕の部屋では扇風機くんがフル稼働している。たぶん半日くらいは働いている。人にただ風を送り続けるだけという人間にはなかなか出来ない仕事っぷりには感嘆せざるをえない。彼はお世辞にもいい扇風機と言えないくらいボロっちいが、がんばっていただきたい。

賀東招二「コップクラフト」2巻を読む。あいかわらず作者の目指している、アメリカドラマ臭さがいい。しかしそれと、ラノベ的なかわいい女の子要素ってちょっと相容れないもんだなと思う。どう間違っても主人公と女の子はくっつきそうでない。どちらもツンデレなんだけどくっつきそうにない。そもそも主人公がカッコ良すぎるのだ。絶対にヘタレない主人公、そんなラノベって結構珍しいんではないだろうか。
というかここ1年くらい、僕が読むラノベってガガガ文庫に限られてるなあとふと気づく。定期的に買っている西尾維新くんを除けば、田中ロミオ、浅井ラボだとかそっち系しか読んでない。どっちも癖のある作家だなあ。そして
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1495732.html
このスレの260。この頃の西尾維新くんを叩くならば、今のはどうなるんだろう?と思った。


今日の読売新聞夕刊。高村薫とかいう作家がipadを切り口に電子化批判じみたことを書いてある。さすが新聞に寄稿するだけあって新聞読め!的な事を言っているのだけど、こーいうのを載せてるから新聞はダメなんだと思う。

「……(i padという)自分の指と接続した世界が身近で快適であればあるほど、そこから出ることもまた難しくなる。新聞を読まない世代が現れ、テレビの視聴者さえ減っているのは、ネットの利用が日常となり、人が自分の興味に合わせて取捨選択するようになったからだが、(中略)そのとき私たちの世界はさらにばらばらになり、個々に小さく寸断されることになる。情報化社会とは、人が個々にピンポイントで世界を切り取るようになった結果、個人にとっての世界が縮小し続ける社会なのである。」

「自分に必要のない部分を切り捨てることで(中略)人はもはや茫洋として捉えられない世界という感覚をもつことはない。(中略)見えない彼方への渇望も、見えない彼方があることへの絶望も存在しない。」

もはやテンプレにも思えるこのような文章載せるくらいなら、新聞はもっと面白いこと書けよと僕は思う。あまりにひどすぎるこの内容だけど、これに続く文章がこれまたひどい。

「一方で、……ウェブカメラやyoutubeでこれまで見られなかったものが見られ、過剰な視覚情報があふれ返る世界でもある」

「世界が縮小」とか言っときながら、返す刀で「これまで見られなかったものが見れ」ると来る。要はこうなることで、人はモノを深く考えずに、自分の殻に閉じこもると言いたいらしいが、この人は人の好奇心をなんだと思っているのだろうか。
新聞は自分を守るために、もはやこーいうことしか言えないんだろうか?ちょっとアホらしすぎる。
スポンサーサイト
2010.06.29 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
日没


男子高校生が「まいんちゃん」と発言したらいけないけど、かわいい女子高生が「まいんちゃん」と言うのは、何故学校の情報の授業でそのような画像がPCに取り込まれているのかという疑問を薄れさせるくらいには、許されることだなあと思った。まいんちゃん。

私は努力が足りない、と3年生になって大学受験を超頑張っているクラスの友達を見てふと思う。「3年生」という言葉ですら、「2010年」と同様に私には実感のないことだった。彼は僕と同じ大学、学科を目指している。
なんの影響かはしらないけど、最近の僕は「努力」だとか「立派」というのを妙に毛嫌いしている。まるでそれまではちゃんと努力していたかのように。僕はいつだってこの立ち位置だったのかもしれない。

まあそんなこたどうでもいい。
今日の日暮れは妙に赤かった。外に出て階段の踊り場から日没を見てみようと僕はへんにろまんちすとになった。
その肝心の日没は、いつ建ったのかしらないくらいここ数年のうちにいつの間にか出来ていたマンションに遮られて見えませんでしたけど、よかったです。きれいで。
2010.06.24 Thu l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
古くなったエナメルバッグを買うことにして市内をあちこち回る。巨大ショッピングモール、スポーツ用品店といちいち回ってみるも、結局昨日言ってた、最初に見た店が一番安かった。メーカー小売希望価格5200円が3900円。他は定価で売ってたからかなり得をしてるんだけど、一日中店を回ったこの徒労感がずしりと……。

途中ちょっと寄り道をして、なかなかしぶい個人経営らしい古本屋に行く。かなーり昔に一度入ったきりで、たまたま近くを通った時に思い出して、小さい店だったからまだあるかなー、もう潰れてるんじゃないだろうか、と思いつつ行ってみたらまだやっていたので少し感動。
しぶいと言っても店の装飾はやや安っぽさを思わせる明るい感じで、古本に加え中古ゲーム、中古CD、果てはエロ本までが間隔の狭い棚にかなりならべてある。客もまばらで、けれど人がすれ違うことすらやっとの狭さだ。本にはすべてカバーがかけられてあって古本屋なのに立ち読み出来ないのはそのためか。
まあそれだけならなんてことのない古本屋だろうが、その書店、なんのこだわりかしらないがBGMが90年代の邦楽ばっかりなのだ。なんつーか、雑多で狭い古本屋のそんな雰囲気にちょっとにやけてしまった。
そこで筒井康隆の「敵」がおいてあったので迷わず購入。別に品薄な本でもないだろうけど、なぜかここいらの本屋にはあまり並べられていない本なのでちょっとラッキー。
2010.06.20 Sun l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
ノートパソコンの利点の一つに寝転びながらできることがあるとよく言われる。ので、早速試してみる。
すると分かったことがひとつある。
文明に溺れて僕はどんどんダメになってる。あとこの体勢は首が痛い。

使っているエナメルバッグはもうかれこれ中学の頃から使ってるだけあって、ボロボロになっている。いい加減買い換えたいと思うものの、高校卒業まであと1年辛抱すればいいだけなのだからとためらっている。今買い換えるとなると、日々持っていく教科書の量からいって、大容量のもの買わないといけないが、大学入ったら高校のときほど荷物詰め込まなくていいらしいし。
まあしかしやっぱり見るだけ見てみようと近所の店に行くと、そこには僕が今使っているアディダスのがなかった。いやあるにはあるもののピンクだとかで僕の趣味じゃない。
と、僕はふと気づくのだけど、メーカーが今までと一緒じゃないと何故かしっくりこない自分がいる。別にそんなにこだわりはないのだけど。他の人はどうなんだろうなー。そんなこと気にしないんだろうか。
いっそエナメルじゃない別のバッグ買うなら気にならないだろうが、エナメルとなればミズノやナイキはちょっと選べない。ホント、こだわりなんてないんだが。

どうでもいいけど風邪をひいた。季節の変わり目だから扇風機じかにがんがんやってたツケか。いやしかし僕の部屋にはクーラーがない。壊れているのだ。もう長いこと僕は夏にクーラーなしの生活をやっている。しかし人の話を聞いているとクーラーは結構当たり前のもんらしい。
軽く格差を感じるものの、そんなえころじすとな僕をみんなもっと褒め称えるべきです。
2010.06.19 Sat l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
三者懇談だった。ふだんふざけてるような先生はさすがに神妙になっていて面白かった。
僕が目指している大学にこれまで進学したOBとの成績を比較された。見ればほとんど指定校でしかそこには入っていない。ヘタレ過ぎる。←俺も考えてるけど。
それでもさすが指定校推薦受けるだけあって歴代のひとの評定は高い。今の僕の学年でも最高の人だと僕より0,2高い人もいる。頼むからそんな人は出さないでください。自力で頑張りましょうよまじで。

まあ受験は置いといて、とにかくオタクアニメが市民権を得てきたというのはホントらしい、とこのクラスになって思う。一見オタクっぽくない人がけいおんやらコードギアスの話をしているのをたまに聞く。今日なんか勧められて初めて見たらしい女の子が、「けいおんってなんかジブリっぽかったね~」とか友達に言っていたのを聞いた。ふーんそんなもんなんですか。じゃあ情報の授業の休み時間に見ていたアレ、もしかしてハルヒだったんですかね?
僕はそんな風に女子高生でさえもアニメの話をしているのを聞くと、日本のドラマはもっとガンバレよと思わないでもない。岡田将生とか三浦春馬とかのイケメンだけじゃ釣れないらしいぞ。

平沢進、「点呼する惑星」「ビストロン」「sim city」と買って、第一印象はsim cityの一人負けって感じだった。おとなしめの曲が多くて、激しい曲が好きな僕はちょっと物足りなかった。
が、よく聞けば「月の影」や「echoes」が素晴らしい。echoesなんかはなぜか知らないけど妙に懐かしい気持ちになる。
点呼する惑星もすべての曲がいい。自動脳内リピート率がハンパないです。むしろ逆にうざくなるほどなんで勘弁してください。
2010.06.18 Fri l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
アマゾンから注文していたCDが届く。が、そのCDケースの一つが、折り返すビスの役割を果たすところがピンポインとに割れてて、ケースを開くと真っ二つになってしまった。これがkonozamaというやつか……!と初めての不具合に若干感動も交えつつ、僕はこのまま泣き寝入りすることにする。CDケースぐらいいいか、という思いと、仮にアマゾンにクレーム入れたとしても来るのは空ケースで、曲を名記した背面にあるパッケージとかはないらしいからだ。これは僕の心がPureでカンダイでIとKIBOにみち溢れているからで……云々。
まあパッケージはもとのケースたたき割ったら取り出せるかもしれない……が、じゃあどうやって入れるかという問題があって。僕はさっきからケースをにらめっこして、なんとか無傷で分解できないものかと考えてるのだが、うーむ。思えばCDケースってどうやって作ってるんだ?
2010.06.15 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
あれだけおもしれえおもしれえと言っていた古井由吉に早くも飽きる。短編3つ読んで飽きる。あんな神経質でありながらどこ向いてるか分からない文章を長きにわたって読むなんて僕にはできない。疲れる。現代っ子の僕は、たまにはジャンクフードも食べないとやっていけない。

ってことで(というような因果は別にないんだけれど)、サリンジャーの「エズミに捧ぐ」をちょびっとだけ読む。具体的にはX氏のエピソードから終わりにかけて。途中から読んでも面白い小説は面白い。意味がわからないけど、救済感がすごい。

「エズミ、本当の眠気を覚える人間はだね、いいか、元のような、あらゆる機――あらゆるキ―ノ―ウがだ、無傷のままの人間に戻る可能性を必ず持っているからね。」

やっぱりたまんなく好き、この文章。

まあしかし小説家だとか詩人の、またそのフォロワーの文章を読んでると、彼/彼女らはいっつもあーいうある種の切実さを伴って生きている、というような錯覚に陥る。この世界になんらかの感動を見つけるような感覚を無意識的に有してるような文章。そういうゲージツ的な雰囲気にしばしば僕なんかは感化されてしまうけど、んな訳がないのだ。当たり前な事だけど。いくらなんでも四六時中そんな感覚で生きてる訳がなくて、俗っぽい面だって有してるはずなのだ。彼/彼女らはそういう感覚で得たもの、考えたものだけを文章に託してる訳であって、当然わざわざ書かないような面だってある。だから注意しろよ、俺。安心していいぞ、俺。
……と、書いときながら僕はやっぱりそういう人に憧れる。実に青年期らしい背伸びだなあと自分でも思うけど、まあ仕方ないんじゃないですか、うん。
2010.06.14 Mon l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は模試だった。僕にとっての生命線である英語がまったく分からなかった。地味にショック。うむむ。世界史は力入れていた中国史はそこそこだったけど、逆にヨーロッパが全く抜けていた。ティベル川にいたローマ前の民族はエトルリア人!国語は出来たのか出来てないのかよう分からん。後ろにいた奴は「簡単だったし」とかぬかしていましたが、奴はなにかと「簡単だった」といいつつも僕より点数が下な事がしばしばあるのであまり気にしないでおこうと思う。

次の木曜は担任と三者面談らしい。が、今回の担任は比較的イロモノな先生で、進路の事を相談できるキャラじゃねえ。1、2年はまともな、教師らしい教師だったのだけど。
で、一体なんの面談するんだ?そりゃ進路の事だろーけど、10分も話すことなんてない気がする。

昨日ラーメン屋の屋台に出くわした。屋台と言っても縁日であるような屋台じゃなくて、手押し車の屋台。ちゃんとチャルメラを流していて、あんな古典的なラーメン屋って実際に出くわすと逆になんか新鮮だった。サザエさんくらいでしか見たことねーよ。ていうか現代でそれ、商売になるのかよ。それに何で閑静な住宅地で引いてるんだよ。むしろ怪しかったぞ。

平沢進のCDをアマゾンで注文。平沢進のCDは「白虎野」しか持ってなくていい加減iPodの曲増やしたくて、そんな時にニコニコで聞いた「ビストロン」があまりにもカッコよかったのが決め手です。CDとかあんま買わなくてレンタルばっかだけど、この人のはレンタルしてるような代物じゃないし、かと言ってネットで聞いてるだけじゃあまりにも惜しい。3000円の価値はあると思うのです。
ちなみにけいおん!からポロロッカしたんじゃ断じてありません。今敏からです。えっへん。もっと言えば筒井康隆からです。
2010.06.12 Sat l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
今学校ではお昼休みにサマーウォーズの上映会をやっている。俺は友人達に大プッシュしまくるも誰も一緒に見に来てくれない。ああ、必死に推せば推すほど空回りを感じるこの虚しさよ。
そんな中でも俺はお昼休みに飯を早く食って足を運ぶ。これでひとつきに3回見ることになる。1日に30分くらいしか上映されないぶつ切り、始まるタイミングに間に合わないこともあるが、それでも面白い。いつもいつも同じ所で感動してしまって、今回は人前だから感情抑えるのに必死になる。もうBD 買ってしまいたい。ラブ。
俺の青春時代を象徴する映画は間違いなくサマーウォーズになった。うむ、これなら一般受けするし人前で語れそうだからひとまず俺の青春の思い出はもう安泰といっていいだろうね!やっほい!

あ、そういえばツタヤの100円引き券が6月でもう期限だ。まだ残ってるけど、うーん、借りたいものがない。エヴァ破でも借りようかと思ったがまだ置いてないし。
っていうか僕のエヴァっつったら、もう思春期真っ盛りの時に見た旧作劇場版しかないのであって、きっともうあれ以上の感動を新劇版で得られようはずがないんだけど。金曜ロードショーでみた序では、エンタメ的にもいまいちピンと来なかったし。懐古って言われたらその通りなんですけど、実際、思い出補正に勝るものってありますかね?
まあでも、とりあえず僕は待たされるの嫌いなんで、完結したら一気に見ようと思います。
2010.06.10 Thu l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
うちのバイトの作業場になにやらPCが持ち込まれて、自社の社内総会?のようなものが延々流されるようになった。会社人の心得を社員がリッパな顔してリッパに語るアレである。それなりに静かだった作業場に、「エイエイ、オー!」の掛け声が響くようになった。正直言うと、気持ち悪いな、と思う。社会人というのは会社教に入らないと行けないのか。大変だな、と僕はますます社会に出て働くことがおっくうになる。就職活動まであと3年少し……タイムリミットは近づいているぞ。
まあ経費削減やらなんやら普段からやっている割りに、効果薄なPCとステレオを持ち込むんだから、少なくともこの会社、当分は潰れまい。

バイトと言えば、うちの近所のコンビニに中学時代の友人が働いてる、と母伝えに聞いた。そこは確か、もう一人の中学時代の友達が働いてた所だった。聞けば忙しい割に時給700円台?とか。彼に紹介してもらったのだろうかなんだろうか知らないが、ともかく近所に来てるけど多分僕とは会いそうにないな、と思う。学生がバイトしてる時間帯にそのコンビニに立ち寄ったことなんかないからだ。まあ頑張ってください。

本が最近読めない、というのは嘘で、別に忙しいわけでもない。受験勉強も根詰めてやってない。なにかやらねばならない時に限ってなにもかもが中途半端になる。テスト前なんかはそのもっともたる例だ。試験2週間前くらいから焦り始めて手をつけるものの、試験が近づくにつれてやる気がなくなり、試験直前は追い込みかけようといういつぞやの決心は消えてなったものになる。それで結局直前はなにもしない。2週間前の貯金でなんとかやっていく。幸いそれで赤点取るということはないけど、この習性はどうにかしないとやばいと思う。普通は期限が迫るにつれて焦りが高まるはずなのに、なんで俺は達観したようになるのだろうなあ。
受験だ。俺は受験生なのだ。
2010.06.08 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳩山総理が辞めた。が、僕にはなんらかんけーない。それによって民主党が参院選に勝とうが負けようがかんけーない。何故なら僕は選挙権をまだもっていないのだし、そしてなによりも、総理が変わったことで僕のなにかが変わる訳じゃないからだ。安倍総理の時の僕と鳩山総理の時の僕はどこが変わったろうか?仮に変わったとしても、それは総理大臣のせいなんかじゃない。

というか政治の話を実生活の友人が語ってるのをよく聞くけど、よりによってなぜに政治なんだろうかなと思う。10代なのに。たぶん、スキャンダル的な悪口をいうのはそれなりに面白いからだろうが。

その言葉がないと語れないことしか僕は語れない。自分の言葉で言える主義主張なんて本当にありえるのか、ということはこうした日記などが毎日書けないという些細な事からでも分かる。ほぼ毎日長文を書いているようなブログを見るとすごいと思う。僕は毎日を考えて過ごしてるわけじゃなくて、ほとんどが刹那的な感情だ。僕の1日の思考量は、たぶん小指の爪ほどもないのだ。そんな僕は、やっぱり政治なんか語るべきじゃない。


古井由吉をまだ読み中。この作者の本を読んでると頭がおかしくなってくる。なにを言ってるのかさっぱりわからないが、読み終わる時には何かが残ってる。澱んだ文章に浸ってるうちに、騙されてるような感覚。不健康になる、不健康になる。


そういえば今日は体育祭だった。不健康な僕は足の皮がめくれて、痛さでへんな歩き方になっている。まあそれはいい。ちょっと個人的な話だけど、まさか体育祭でこれほど嫉妬と羨望がうまれるとは、と思うような一連の出来事があって、ああああああ!俺はやっぱり不健康にちがいない! 
上のようなしょうもないことはなんでもなく書けるのに、ちょっと私的な、青春くさい話をするには勇気がいる。僕は僕の子供が生まれたら、僕のようにはならないように教育したいです。
2010.06.03 Thu l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。