上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日曜、せっかく紅葉の季節なんだから観に行こうと、五時の電車に乗って京都嵐山に行く。日の出を見たり紅葉を見たり、主に散策をして三時間ほどで帰る。京都が気軽に行ける場所でこういう時は良い。

日の出

嵐山2

嵐山


PS3と一緒に買ったニーアレプリカントが面白い。こういうFF12的な、広く綺麗なフィールドを走り回るゲームは好きだ。しかしネットでちょっと調べてみると致命的なネタバレを食らった。ねっとこわい。あのDODを作った会社で、欝ゲーらしいから覚悟をしときます。

ツタヤの会員カードの更新の知らせの葉書が来てたので更新しにいく。その葉書を持って行くとレンタルが1つただになるらしいからどうでもいい映画を適当に借りる。1つだけ借りるのもきまりが悪いのでもう1つ借りたのだけど、どうでもいい映画だったので結局見ずに返してしまった。300円むだになってしまいました。これからは映画じゃなくてCD借りよう。
スポンサーサイト
2010.11.23 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲

PS3

ウチはテレビは薄型テレビなのに録画機は未だ化石みたいなビデオ機という、非常にバカみたいな状態だったので、いい加減新しい録画機買おうということで、一番安上がりなPS3+トルネを買ってきた。(若干どうせ買うならPS3買いたいという僕の思惑も絡んで)ゲームと一緒に買って4万円。録画をよくする母と姉に1万円ずつ出させたので、僕も2万円でPS3を手に入れる事が出来て非常においしい。

PS3とトルネの取り付けを済ませて起動すると(案外簡単)、これすげーなと感動する。ゲーム機じゃなくて普通に家電。
しかしゲーム機など触ったことない機械音痴な母親が操作方法に悪戦苦闘している。慣れるまでが大変そう。

ゲームはニーアレプリカントを中古で買う。僕はアクション苦手だし、それでもやってみたら視点カメラもちょっとアレだけど、まあPS3なんだからアクションゲーくらい出来なきゃならんと思ってイージーででも頑張ろうと思う。
2010.11.16 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
バイトが終わり家に帰ると、ちょうど竹内結子主演ののストロベリーミルクだかロリータだか忘れたが、とにかくそんな感じのスペシャルドラマをやっていたのでなんとなく見る。途中までは面白かったけど、犯人が割れてからは一気につまらなくなった。なんか最近の刑事ドラマ、犯人が快楽犯ってパターンが多くて萎えるんですけど。特に「うひゃひゃあの苦痛がたまんねー!」みたいな意味分からん告白をだらだらするシーン。誰得だよ。
まあ途中までは面白かったし、サマウォのカズマくんの声やってた女優がでてたんで、(しかもボクっ娘役なんで完全にカズマくんにしか聞こえなかったよ)いいもの見れたとしよう。

口直し、という訳でもないがその後レンタルしてきた「レオン」を見る。うおお渋いぜジャン・レノ。一二歳のナタリー・ポートマン可愛すぎる。思わず見惚れた。
2010.11.14 Sun l アニメ・TV・ゲーム等 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近この記事に特に書くことがみつからない。僕が書かなくても誰かが書いてくれるだろう、と思ったけれど、当然そんなことはなかった。

村上春樹「国境の南、太陽の西」を途中まで読んだ。第1章だけならパーフェクトに面白かった。あとは普通に村上春樹でした。

で、今はやめてドストエフスキー「罪と罰」を読んでいる。久しぶりに図書館で本を借りた。最初20ページであまりの悲惨さに、もう死にたくなってくる。乾いた笑いも浮かんでくる。さすが世界の文学だな、と思った。
村上春樹はまたいつか再開しようと思う。

そういえば大石まさるの漫画「おいでませり」最終3巻が普通に本屋においてあったので買う。日常をあんだけ楽しく描かれたら、こっちだって楽しまずにはいられないじゃん。素晴らしすぎる漫画。終わったのが惜しいなあ。
2010.11.10 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
土曜日が高校のオープンキャンパスということで今日は代休だった。月曜日に休めるという清々しさは何者にも代えがたい。

ということで今日も元気にゲームをしました。女神異聞録デビルサバイバー。このゲームはいくつかのルートがあって、一周目なにも知らないでプレイしていた僕はいつのまにか高難易度のルートに入っていて焦る。最後ラスボスを本当にギリギリでクリアした時は、ああ、ゲームの面白さってこれかー!とヌルゲーマーからの新たな目覚めが訪れました。

最近、情報を追ってなかったせいでいつの間にか発売されているじゃん、と気づいたものが結構多い。先日のDTB3巻もそうだし、平沢進の「変弦自在」(突弦変異に続いてジャケが無駄にかっこいい!)、大石まさるの「おいでませり」(何気に最終巻らしい。悲しい)、あと西尾維新の新刊だとか。

西尾維新の物語シリーズ、そもそも傷物語で止まっちゃってるからこれも買うのはかなり怪しかったりする。4月かなんかの人間シリーズ4冊同時刊行でかなーり失望しちゃって、元信者の恨みは深いとでもいいますか、ちょっとげんなり度もはんぱないんですが、しかし考えて見れば物語シリーズはまだそこそこ笑えたし、買ってみるかどうか迷い中。うむむ。
2010.11.01 Mon l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。