上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
魔法少女まどかマギカの最終回、生で観るべく仮眠をしていたら30秒ほど寝過ごす。念のための録画も買ったばかりの外付けHDDの電源が切れていたために起動していず、あわてて手動で録画開始する。アブねえアブねえ、これを見逃していたら俺は死んでも死に切れない。
ともかく、この最終回をもって僕の2011年冬も終わったと言えるくらいだ。思えば本来通りの放映予定の最終回から1ヶ月近く延びているのに、やはり好きなアニメの終わったあとの虚脱感はやってくる。
これまでのいろいろな(悲劇的な)ドラマを思い起こしては、あの最終回の感慨に浸る。うーむスーパー武装ほむらちゃんまじほむほむ。良かったねとは言えないけども、考えられる限りのハッピーエンドではないだろうか。けどあの最後のカットはどういうことなんでしょうかね。

ってことでようやく僕は春アニメに心を傾けよう……と思うけど新生活でなかなかアニメ見られない。まあHDD買って録画の勝手も良くなったので、心置きなく撮りためてはいるけど、なかなか見れていない。うーむ未消化ビデオばかりで埋まらなきゃいいけど。
今期は日常とまりほりと、1話2話を飛ばしてしまったけどシュタインズ・ゲートかな。
スポンサーサイト
2011.04.22 Fri l アニメ・TV・ゲーム等 l COM(0) TB(0) l top ▲
4月というのは出会いの季節であると共に、別れの季節でもある。何と別れるかといえばそれはそれは愛しきお金さまとだ。教科書代やら服代やら靴代やらの大学新生活必需品に加えて、新しい季節で浮かれているということもあって、本やらCDやらバックアップ用BDやらPS3用の外付けHDDやらそのついでのUSBハブやらとたくさん買ってしまった僕はもう通帳を開きたくもない。でも困ったことに、まだまだ買いたいものはある。ああ物欲なんてなくなってしまえばいいとおもう。イヤホンとか新しいメガネなんて別に欲しくないんだからねっなんてことを僕が言っても律儀に振り返ってくれる人がむしろ欲しい。つまり物欲でなくて愛だ。俺が一番欲するものは物欲なんてものより貴き愛なのだ。

そういえば、古今東西あらゆる小説(映画でもいいけど)には、必ずといっていいほど、男女の恋や愛という要素がある。いやしくも創作することに関心がある僕からすれば、そんなもの別にどうだっていいんで、この潮流はなかなかにめんどうくさい。じゃあ皆書くのやめてくれないかな、と思っているかと言えばそうでもなく、見ているだけならば、こいつらの仲の進展どうなるのかなあくっつけばいいなあとニヤニヤしたりもする。自前の妄想力で男女の恋を楽しむには、もうすっかり枯れてしまったのかもしれない。ロマンティックなあこがれはいつだって持っていたいものだけど。
2011.04.20 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
本を読もうと思う。あとついでに映画も見ようと思う。なぜならば、いろんな、本当にいろんな方がおられる大学という場において、共通の話題があるってことはいいことだからと思うからです。僕が最近、以前ならば手にとることすらしなかっただろう映画告白やら森見登美彦やらを体験している理由はそういうこともある。

同じクラスの人におすすめの小説教えてと聞かれた(これはきっと、その人は僕が小説系のサークルを考えていると言っていたのを鑑みた、とてもとても心優しい気遣いからだろう)。僕はほぼ初対面の方にあんまりニッチな作家を挙げるもおかしいし、伊坂幸太郎東野圭吾村上春樹といった僕が読んだことのある流行作家を出来うる限り挙げようと頑張るのだが、彼もさすがにそこら辺は読んでいるらしい。あれは良かった、それは合わなかったなどという会話をしつつも、そもそも流行をあまり知らない僕は、いよいよ応えにも窮し、しまいに言ったのはアホ丸出しな「今売れてる本なら大抵面白いんじゃない?」といったセリフ。
という訳でいよいよ上記の感は強まるばかり。今思えば桜庭一樹と米澤穂信あたりを挙げとけばよかった。

まあそうやって世界が広がっていくのだろう、とか思いつつ、今森見登美彦を頑張って読んでいる。
2011.04.19 Tue l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
とある事情があったりなかったりして、去年の大ヒット映画「告白」を見る。面白くなくはなかった。後味が悪いラストと聞いていたが、僕が一番面白かったシーンはちょうどそのラストだった。泣き崩れる生徒の髪を引っつかんで睨みつける松たか子のどS演技に不覚にも興奮したのです。

だいたいこの映画はすでにたくさん言われているようにあくまでエンターテイメントであった。学級崩壊や現代っ子の薄い死生観とかいじめとか、それっぽい要素を基板としている映画だが、それらはコアとなるショッキングな演技のための、あくまで偽悪的なもので、現実のガッコーがどうこうと真面目くさく考える映画ではない。(に、しては特典PVにあった監督やキャストの、いかにも人間は恐ろしいもんですよ人間の裏を描いてますよ的な宣伝に僕は違和感ありありだった。)

この映画の魅力は、やっぱりコアとなる重要な生徒役の子らのちょっと痛々しい狂気の演技ですよ(特に加害者Aと委員長の女の子)。ヒステリーモンペアかつ狂ってしまった子供を持つ母親、木村佳乃のやるせない演技ですよ。上に書いた松たか子のどS演技ですよ。熱血教師岡田将生は、まあどうでもいい。

ってこんなこと書いてもいまいち魅力が伝わらないので具体的に言ってみると、ティーンエージャーがいじめでチューさせられたり男同士でチューしたり、と思えば真面目なラヴ?でチューしたりする映画って言えば釣られる人いるかな。いないか。
2011.04.17 Sun l アニメ・TV・ゲーム等 l COM(0) TB(0) l top ▲
この記事を書いている途中にブルースクリーンに遭遇して恐怖。バックアップをめんどくさがってやってこないままだったけど、いい加減やっとかねば。

大学に入って一番良かったなと思ったことは、大学生協の書店の品揃えが豊富ということ。僕の近所の中小書店では取り扱っていない本があってマジで激萌え。その代表例が岩波文庫系で、岩波は中小書店では扱ってないから新鮮です。もちろん大学図書館だって豊富に所蔵しているけど、買う魅力といいますか、もっと言えば本棚に積む魅力といいますか、そういうのがあって最近はもっぱら購入ばっかりしている。しかしこれは積ん読趣味というヤバい趣味?の前触れかもしれない。現に僕の本棚には4割ほど未消化の本がある。こえーこえー。

で、今日買った本。
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
保坂和志「小説の自由」
リルケ「若き詩人への手紙」
トマス・ピンチョン「競売ナンバー49の叫び」(←一番激萌えな本。去年からのピンチョン全小説企画の、「V.」もハードカバーで置いてあったものの、上下巻3000円はちょっと手が出せず)

ってこうして見ればピンチョン以外は普通に売ってる本ばかりだな。まあそのうち手に入りにくい本があれば買いたいと思う。
2011.04.15 Fri l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
高校卒業から大学入学までのながいながい春休み中だらけきっていた僕の生活が、大学はじまると同時に満員電車乗ったり歩きまわったりなんやらと急起動せねばならなくなって、僕の中の錆び付いていたなにかが悲鳴をあげている。特に僕の大学は、僕の学部への学舎へ行くには長い坂道を登らなくてはならない。僕はその度、涼宮ハルヒの憂鬱でのキョンの語りを思い出しながら、ようやくその苦労をひしひしと実感したりしている。

というかゆとり教育まっただなかの僕にとって、土曜の授業が地味にきつい。三限しか入っていなくて楽とは言えど結構しんどい。しかし僕は地元に住んでいて登校に片道30分ほどだからまだいいのかもしれない。やはり他府県からやってくる人も結構いて、中には2時間かけて大学にくる人もいるらしい。はぁー大学っていうのは本当にいろんな人がいるんだなーと感心しきりだ。

まあそういう訳で、今僕はとてつもなく癒しがほしい。統一地方選挙やらまどかマギカの最終回一挙放送日やら、耳を騒がす雑音なんてどこかへ吹き飛ばしてしまうほどの癒しがほしい(いやまどかの情報は結構重要か)。映画でも見てみようか。
2011.04.11 Mon l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
大学の入学式も済み、なんとかぼっちにならないように頑張り中。あまり最初から全力を出すと、時間と共に離れていく人もいるだろうなかで気まずいことにもなりそうだから力をセーブしながら隣の人とお話したりする。今のうちは、慣れない大学生活の不安という共通話題があるけど、次第にそれもなくなって個人的なお話をしないといけなくなるし、早いとこ気の合うお方を見つけなければ。

サークル周りは小説系のサークルを見て回る。SF研は看板がオタ全開なので、にわかな僕には近寄りがたかったが、まあ2つほどいい感じのがある。どれにしようかしら。

まあしかし一番の苦労は今日説明してもらったばかりの履修登録だ。使いにくいことこの上ないくそったれなウェブサイトで四苦八苦していたら、いつの間にか時間制限の22時も過ぎてしまった。これが情報化社会かと打ちひしがれる。思ったのだけど、これネットがない時代ってもっとしんどい作業だったのだろうか。それともネットが出来たから複雑なカリキュラムになっているのだろうか。あーめんどくさい。
2011.04.02 Sat l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。