上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ろくに勉強しないで試験を無事やり過ごす。以前の台風による休みの補講もないので、今日から僕の夏休みが始まることとなる。ひゃっほい。単位がとれたかなどと考え始めると僕の心がキュウっと痛むまるでそれは恋、みたいになっちゃうので思わないことにする。

はてさて最近勉強に専念する、と称してまるで読書などしてなかったので再開したいと思う。ほうとうは本を読む時間など腐るほどあったろうが、僕は何かと、目前の事の為にしなくともよいセーブをかけちゃうのである。かといってその目前の事に集中できたかといえば、繰り返すようにまるで勉強していない。というわけで、試験前などは結果的には無気力そのものの生き物になりさがるのであった。バイタリティあふれるにんげんになりたい!
スポンサーサイト
2011.07.29 Fri l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
台風は暴風警報という希望をむやみやたらにふりまわすものの、たいてい、結局は雨と強風の中、僕は学校へ行くことになる。今日だって折り畳み傘を何度か裏返されながらひーひー歩いた。傘だけでなく、みんなみんな吹き飛ばしてくれればいいのに!
僕は試験勉強を家だとできないことにようやくきづいたので、暇なときは図書館に入り浸る。静かで落ち着いていて、おおむね満足だけど、人がもっと少なかったらもっといいところだと思う。

原田芳雄が亡くなった。どことなく僕の父親に似ているのでなんだかやるせない。

どうしようもなく気分が悪いときがある。そんなとき僕はあらゆる距離が間違っていると思う。みんな距離が近すぎるのだ。距離の取り方をしらないばかばかりなのだ。地平線にようやく見えるくらいに距離をとってくれないものだろうか。都合よきものだけが周りに集まってくれとまでは言わないからさ。
今日はきぶんがわるいのでこれを書き終わったらすぐ寝ることにする。家で勉強はできないので勉強はしない。撮りためたアニメがますます溜まっていくばかりである。今日はいま、日常が録画されている。
2011.07.20 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
このブログの過去の記事をざっと消す。彼はいったい誰なんだろうと、むかむかしながら、なるだけ目を合わせないように消す。考えて見れば07年の僕なんぞ暗黒期真っ只中のはずである。もし僕の年表があれば、間違いなくそこが人生のキーポイントとして描かれる場所である。今までよくもまあそんな自分を放置してきたものだなと我ながらあきれる。

なんだか最近弱音を吐く人をよく見る。ネット上で。いいことだと思う。弱音にはその人の感傷が多分に含まれる。そして感傷っていうのは、たいていすばらしいものだ。普段ふつうに振舞っている人の弱音を見ることは、優しい体験だ。だから僕も弱音が書きたいと思った。いつかきっと書けたらいいと思う。

僕は常々思っている。俺はなんにも考えちゃいないと。一日のどれくらい頭を働かせている?そうして人恋しさだけを募らせるのだ。面倒くさそうな顔をしながら。

どうやらこれが今僕の書ける精一杯の弱音らしい。
2011.07.17 Sun l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
熱

いよいよ熱い日が続く中、僕の体脂肪率はどうやら10%を切ったらしい。夏に向けて衰えないよう、僕は毎朝きな粉牛乳を飲んでいる。

部活では品評会なるものをやった。そんなにガチンコでの討論でなく、仲良しこよしで無難な意見感想会なのだが、楽しいものは、やはり楽しい。生きる希望だ。

試験が迫っている。いろいろとやばい。
2011.07.16 Sat l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
Wacom ペンタブレット Sサイズ シンプルタブレット 描き心地にこだわった筆圧1024レベル Wacom Bamboo Pen CTL-460/K0Wacom ペンタブレット Sサイズ シンプルタブレット 描き心地にこだわった筆圧1024レベル Wacom Bamboo Pen CTL-460/K0
(2010/10/02)
ワコム

商品詳細を見る



ペンタブ




色塗りなどわからない。
2011.07.07 Thu l 日記・散文 l COM(2) TB(0) l top ▲

以前はどうしてあんなに小説が読めていたんだろう、と思えるくらい最近小説を読んでいない。代わりに読むのは素人の書いた小説で、しかしこれは悪い傾向ではないと思う。当然だけど、プロの書いた小説と素人の書いたそれの出来の差は歴然としている。時にはそんな小説を読むことも悪くはない。もしかしたらプロの書いた物を読むよりも、いろんなことが得られるきっかけになるのかもしれない。

なにかえらそうなことを書こうと思えば疑問を持てばよい。疑問を持つことで考えるきっかけとなるからだ。そして素人の書いた小説は問題点がはっきりとしているものだから、僕としても好き勝手しやすいのだ。プロってのはもうそれ時点で権威で、困ったことに僕は権威主義者なのである。


2011.07.03 Sun l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。