上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
もはやファンブック的な位置付けの零崎シリーズ。
銃を使った戦闘描写に「ばん。ばん。」なんて文章書くような、相変わらずへったくそな戦闘描写が8割を占めるこの小説。西尾維新ファン以外にはおすすめ出来ないのも相変わらずだなあと思いつつ、今度こそぼろくそに言ってやるんだから!とツンデレよろしく息巻いて読み進めていって、僕は驚愕するのでした。
なんでラスト30ページで面白くなんの?と。

くそー!なんなんだよ西尾維新!当初「4冊同時発売で、こんな薄い(180ページ)のに1冊1000円で4000円飛ぶとかやってられんわ!」と、とりあえず一番キャラ的に面白そうな出夢くんといーちゃんのやつだけ買ったんだけども、中途半端に面白くしやがって!もっとキャラ見てえ!と今では4冊揃えたくなっちゃったぜ!
もしかして俺は飼い慣らされてるのだろうか……?久々に戯言本編も読み返したくなってきた。

ちなみに一番面白いのはあとがきですたぶん。
2010.03.30 Tue l 漫画・ラノベ・本、等 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://trick444.blog76.fc2.com/tb.php/774-90e73815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。