上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51478597.html

うちにも英語にはいろんなタイプの教師がいて、例えばリーディングの時、文法こだわるよ派と文法なんてこだわらないよ派なんてのがいたりする(俺の中で分けてるに過ぎないけど)。ここでいう文法ってのはSVOで説明するアレね。
ぶっちゃけていうと、なんでもかんでも文法持ち出して文章読んでくタイプの先生の方がわかりにくいしめんどくさい。言いたいことは分かるんだけど、そんな先生はたいてい文章を切って分解して矢印で結んで、あげく品詞まで説明してくる。しかしそれが高校英語的には正当なのよね。

俺は(S)

黒板の板書を(O')←みて(V')

(こういうの読んでもかえってわかりにくいだろうって)(C)

思うんですけど(V)

文章が複雑になればなるほどこういうのがごちゃごちゃしてくるw
んなよりもそこらは軽くやって、内容を取れれば良いよとやってくれるような、良い意味でいい加減な先生の方がありがたい。その内容をとるために必要な、決まったパターンを繰り返してるだけだから、違う文章をやってても教えることが基本同じになって分かりやすかった。あとその先生、板書をあまりしないってのも良い。
まあ俺の知ってるのは1人しかいないんですけど、その先生がいなかったら間違いなく英語今よりも嫌いだったなあ。
2010.05.02 Sun l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://trick444.blog76.fc2.com/tb.php/781-71ad25c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。