上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近この記事に特に書くことがみつからない。僕が書かなくても誰かが書いてくれるだろう、と思ったけれど、当然そんなことはなかった。

村上春樹「国境の南、太陽の西」を途中まで読んだ。第1章だけならパーフェクトに面白かった。あとは普通に村上春樹でした。

で、今はやめてドストエフスキー「罪と罰」を読んでいる。久しぶりに図書館で本を借りた。最初20ページであまりの悲惨さに、もう死にたくなってくる。乾いた笑いも浮かんでくる。さすが世界の文学だな、と思った。
村上春樹はまたいつか再開しようと思う。

そういえば大石まさるの漫画「おいでませり」最終3巻が普通に本屋においてあったので買う。日常をあんだけ楽しく描かれたら、こっちだって楽しまずにはいられないじゃん。素晴らしすぎる漫画。終わったのが惜しいなあ。
2010.11.10 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://trick444.blog76.fc2.com/tb.php/830-d8000a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。