上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ツイッターはじめてからというものの、なんだかそちらのほうが居心地よくてブログなんかどうでもいいやーと思わないことはなかったが、それでも僕は気の向くままにこれも書く。惰性であろうと、まあやめてもなんにもなし、続けてもなんにもなし。

鉢呂大臣辞任というニュースに、けっこう「何故やめるのだ?」というような疑問をもっている人もいるらしい。ともかく、僕が政治の難しいと思う所は、「政治家が情けないから悪い」という、一見すべての原因を、およそ間違いないであろうその原因以外の言葉を、いかに持てばいいのだろうという所だ。

西尾維新の新刊「少女不十分」を読んだ。「原点回帰にして新境地」という謳い文句に偽りはないなと思った。でも、あきらかにこの小説は長年の西尾維新ファン狙い撃ちの小説で、読んでいる最中、僕はこの小説にどう接して、どういう顔をすればいいのか分からなかった。
2011.09.12 Mon l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
夏の終わり、そして世界陸上の終わりの日である今日は、僕の10代最後の日であった。せっかくそんな日なのだから感傷や感慨に耽ってもいいのだろうが、特に思うことはない。普通の1日だった。普通にしていて普通の1日だと思うところに、感傷や感慨を持ち込んでも、それは感傷的になりたいがための感傷であって10代最後の日の感傷とは違う。そんな訳で、今日は30歳を過ぎてからあのころはよかったなあ、と思うだろうと思ったのが特別なくらいで、別に変わりはなかった。

世界陸上の方がよっぽど感慨深い。ODAさんの興奮と共に聞くエンディングのAll My Treasureはまた格別である。

バイト先のチーフみたいな人が変わった。前は男性だったが今度は女性である。はじめはやっぱり緊張するけど、まああまり関わりは薄い。
2011.09.04 Sun l 日記・散文 l COM(2) TB(0) l top ▲
朝焼け

書くことは特にないし書きたいことも特にない。なので写真を貼る。写真はいろいろ便利だ。もういっそ写真系ブログにでもしたらどうだ?

ああさやけ
2011.08.31 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
意味のわからない小説を書いた。そして部活のそのテの担当者にメールで送った。いったいまともな小説ってのは、どうすれば書けるのだろう?と僕は僕の書いた小説を読んで思った。

もう夏も終わる。はやい。

ふと「雑念主義」という造語が思い浮かんで、これがけっこう気に入っている。雑念主義者になりたいです。そうしたらブログもいっぱい書けます。
2011.08.27 Sat l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
ttt

どれもこれも僕にはすばらしいものだったのだけど、満足はさせてくれない。感傷が欲しくなってくる。どれもこれもに。

jitensya
2011.08.17 Wed l 日記・散文 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。